FP2級過去問題 2014年9月学科試験 問26

問26

下記<A社のデータ>に基づき算出されるA社株式のPBRと配当利回りの組み合わせとして、正しいものはどれか。
26.gif/image-size:255×106
  1. PBR= 2.5倍、配当利回り= 1.0%
  2. PBR=25.0倍、配当利回り=10.0%
  3. PBR= 2.5倍、配当利回り=10.0%
  4. PBR=25.0倍、配当利回り= 1.0%

正解 1

解説

〔PBRについて〕
PBR(株価純資産倍率)は、株価が1株当たり純資産の何倍になっているかを示す指標です。
●PBR(倍)=株価÷1株当たり純資産

A社の純資産は1,200億円、発行済株式数は3億株ですので、1株当たり純資産は、

 1,200億円÷3億株=400円

株価は1,000円ですので、PBRは、

 1,000円÷400円=2.5

〔配当利回りについて〕
配当利回りは、株価に対する(1株・1年間当たりの)配当金の割合を示す指標です。
●配当利回り(%)=1株当たりの配当÷株価×100

A社の年間配当金総額が30億円、発行済株式数が3億株ですので、1株当たりの配当金は、

 30億円÷3億株=10円

株価は1,000円ですので、配当利回りは、

 10円÷1,000円=0.01=1

したがって[1]の組合せが適切です。