FP2級過去問題 2016年1月学科試験 問45

問45

次のうち、都市計画法により都道府県知事等の開発許可を受ける必要があるものはどれか。
  1. 青空駐車場に供する目的で行う土地の造成
  2. 土地の単なる分筆を目的とした権利区画の変更
  3. 市街化区域内で行う3,000㎡の開発行為
  4. 土地区画整理事業の施行として行う開発行為

正解 3

解説

  1. 不適切。開発行為とは、建築物の建築及び特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更のことで、青空駐車場などの土地の造形は該当しないため、都道府県知事等の開発許可を受ける必要はありません。
  2. 不適切。土地の分筆を目的とした権利区画の変更は開発行為に該当しないため、都道府県知事等の開発許可を受ける必要はありません。
  3. [適切]。市街化区域内で行う1,000㎡以上の開発行為は、都道府県知事等の開発許可を受ける必要があります。
  4. 不適切。土地区画整理事業、都市計画事業、市街地再開発事業などの施行として行う開発行為は、都道府県知事等の開発許可を受ける必要はありません。
したがって適切な記述は[3]です。