FP2級過去問題 2016年1月学科試験 問46

問46

都市計画区域および準都市計画区域における建築基準法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 第一種低層住居専用地域内の建築物については、北側斜線制限(北側高さ制限)が適用される。
  2. 防火地域内において耐火建築物を建築するときは、原則として、容積率の緩和を受けることができる。
  3. 建築物が防火地域と準防火地域にわたる場合においては、原則として、その建築物の全部について、防火地域内の建築物に関する規定が適用される。
  4. 建築物の敷地が異なる2つの用途地域にわたる場合においては、その敷地の全部について、敷地の過半の属する用途地域の建築物の用途に関する規定が適用される。

正解 2

解説

  1. 適切。斜線制限のひとつ北側斜線制限(北側高さ制限)とは、北側の土地・建物の日照悪化を防ぐための高さ制限のことで、第一種・第二種低層住居専用地域、第一種・第二種中高層住居専用地域の建築物について適用され、他の地域では適用されません。
  2. [不適切]。防火地域内において耐火建築物を建築するときは、容積率ではなく、建ぺい率の緩和を受けることができます。また、角地等にも建ぺい率の緩和が適用されます。
  3. 適切。建築物が防火地域と準防火地域また無指定地域など複数にわたる場合は、原則として、最も厳しい地域の規制が適用されます。よって本肢の場合、その全部について防火地域内の建築物に関する規定が適用されます。
  4. 適切。建築物の敷地が異なる2つの用途地域にわたる場合、敷地の過半の属する用途地域の建築物の用途に関する規定が、その敷地の全部について適用されます。
したがって不適切な記述は[2]です。