FP2級 2016年1月 実技(FP協会:資産設計)問13

問13

地震保険に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。
  1. 地震保険の保険金額は、居住用建物ならびに家財ごとに火災保険の保険金額の30%~100%の範囲内で設定する。
  2. 地震保険の保険金額は、居住用建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度となる。
  3. 家財のうち1個の価額が50万円の貴金属は、地震保険の補償対象となる。
(ア)(イ)(ウ)

正解 

(ア)(イ)(ウ)
××

分野

科目:B.リスク管理
細目:4.損害保険

解説

  1. ×不適切。地震保険の保険金額は、居住用建物と家財ごとに主契約となる火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で設定します。
  2. 〇適切。地震保険の保険金額は、主契約となる火災保険の保険金額を基に設定されますが、上限が設けられています。記述通り、居住用建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度です。
  3. ×不適切。1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、書画・彫刻などの美術品、設計書、帳簿、原稿などは地震保険の補償対象とはなりません。