FP2級 2016年1月 実技(金財:生保)問1

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問1

Aさんが、原則として、65歳から受給することができる老齢厚生年金の年金額(平成27年10月時点の本来水準による価額)を計算した次の〈計算式〉の空欄①②④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。また、下記の空欄③に入る適切な語句を、解答用紙の「される/されない」のいずれかから選び、適切なものをマルで囲みなさい。計算にあたっては、《設例》および下記の〈資料〉を利用すること。

〈計算式〉
  1. 報酬比例部分の額
     ()円
  2. 経過的加算額
     ()円
  3. 基本年金額(上記「1+2」の額)
     □□□円
  4. 加給年金額
     Aさんの場合、加給年金額は加算(
  5. 老齢厚生年金の額
     ()円
01.gif/image-size:560×355

正解 
 244,530(円)
 24,483(円)
 されない
 269,013(円)

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

〔①について〕
Aさんの厚生年金保険加入期間は18歳から29歳の132月です。
<資料>老齢厚生年金の計算式により、

 260,000円×7.1251,000×132月=244,530円

平成15年4月以後は加入していないので上記のみの計算式になります。
よって、正解は244,530(円)になります。

〔②について〕
7月生まれのAさんは、18歳の昭和60年4月から加入しています。20歳になるまでの1年3ヵ月になる15月は20歳未満の加入になるので、20歳以上60歳未満の厚生年金保険の被保険者期間の月数は「132月-15月=117月」です。

<資料>の計算式より経過的加算額は、

 1,626円×132月-780,100円×117月480月
=214,632円-190,149.3円=24,482.7円
(円未満四捨五入して)24,483円

よって、正解は24,483(円)になります。

〔③について〕
加給年金とは、年金受給時に原則として20年以上の被保険者期間がある者に、生計を維持している65歳未満の配偶者または一定の子がいる場合に加算されます。
Aさんの厚生年金保険の被保険者期間は132月なので20年以上の条件を満たしておらず、加算されません。

よって、正解はされないになります。

〔④について〕
報酬比例部分の額244,530円+経過的加算額24,483円=269,013円

よって、正解は269,013(円)になります。