FP2級過去問題 2016年5月学科試験 問28

問28

株式累積投資の制度を利用して、ドルコスト平均法により、1回当たり3万円の投資金額でA社株式を以下のとおり買い付けたときの平均取得単価(株価)として、正しいものはどれか。なお、売買委託手数料等は考慮しないものとし、計算過程および解答は円未満を四捨五入すること。
28.gif/image-size:489×37
  1. 1,186円
  2. 1,212円
  3. 1,238円
  4. 1,264円

正解 2

解説

ドルコスト平均法とは、価格変動のある特定の金融商品を購入する際に、一度購入せず、均等額ずつを定期的に積立投資する方法です。価格が安いときにはたくさん買い、価格が高いときには少しだけ買うので平均購入単価を平準化できる利点があります。

この設問では1回当たりの登記金額が3万円ですので、
第1回
30,000円÷1,000円=30株
第2回
30,000円÷1,250円=24株
第3回
30,000円÷1,500円=20株
第4回
30,000円÷1,200円=25株
合計120,000円の投資で99株を取得できたことになります。よって平均取得単価は、

 120,000円÷99株=1,212.1212…

したがって[2]が適切です。