FP2級過去問題 2016年5月学科試験 問49

問49

Aさんは、所有する土地の有効活用を検討している。貸しビルを建設する際の土地の有効活用の手法の一般的な特徴についてまとめた下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
49.gif/image-size:542×109
  1. (ア)Aさん (イ)デベロッパー (ウ)必要
  2. (ア)デベロッパー (イ)Aさん (ウ)必要
  3. (ア)Aさん (イ)Aさん (ウ)不要
  4. (ア)デベロッパー (イ)デベロッパー (ウ)不要

正解 3

解説

建設協力金方式は、建物は土地所有者が建設し、テナント等から貸与された保証金や建設協力金を、建設資金の全部または一部に充当して建物を建設する事業方式なので、所有名義の名義は変更なくAさんのままです。

事業受託方式は、土地の所有者が資金調達し、マンション等の建設・管理・運営といった事業をデベロッパーに任せる方法なので、所有名義は変更がなくAさんのままです。

等価交換方式は、土地の所有者が土地を提供して、デベロッパーが建設資金を負担して建物を建設し、土地所有者とデベロッパーが土地と建物を等価で交換する事業方式なのでAさんは資金を負担する必要はありません。

したがって[3]の語句の組合せが適切です。