FP2級 2016年5月 実技(FP協会:資産設計)問22

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問22

倉田家のキャッシュフロー表の空欄(イ)に入る数値を計算しなさい。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用し、計算結果については万円未満を四捨五入すること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。
万円

正解 
 1,082(万円)

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

金融資産残高は、前年の金融資産残高を変動率で運用した結果に、その年の年間収支の金額を合算した金額になります。

[前年の金融資産残高を変動率で運用した結果]
前年の金融資産残高は982万円、変動率が1%ですので
 982万円×1.01=991.82万円

[2016年(1年後)の年間収支]
 キャッシュフロー表より90万円

[2016年(1年後)の金融資産残高]
 991.82万円+90万円=1,081.82万円
 万円未満を四捨五入して1,082万円

よって、正解は1,082万円です。