FP2級 2016年5月 実技(FP協会:資産設計)問35

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問35

<設例>の<資料4>および下記<資料>に基づいて計算した2020年分の神田商店のキャッシュフローの金額として、正しいものはどれか。

<資料>
[前提条件]
  • 決算時において、売上および必要経費に関して「未収」・「未払」・「前受」・「前払」となっている金額はないものとする。また、2020年中の固定資産の購入もないものとする。
  • <資料4>に記載されているデータおよび上記以外に、キャッシュフローの計算に影響を与えるものはないものとする。
[キャッシュフローの計算式]
キャッシュフロー=売上(収入)金額-売上原価-必要経費の合計額+必要経費のうち現金支出を伴わない経費の額-必要経費に含まれていない現金支出の額
  1. 1,140万円
  2. 1,210万円
  3. 1,240万円
  4. 1,310万円

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:10.中小法人の資金計画

解説

設例の神田商店の財務データよりキャッシュフローの計算式の金額を1つずつ考えます。
売上(収入)金額
4,500万円
売上原価
2,240万円
必要経費の合計額
30万円+70万円+920万円=1,020万円
必要経費のうち現金支出を伴わない経費の額
減価償却費は現金支出を伴わない経費なので、キャッシュフローの計算上70万円を支出しなかったとして計算する必要があります。
必要経費に含まれていない現金支出の額
経費ではないので必要経費欄には含まれていませんが、現金が支出した借入金の元本返済100万円が該当します。本来は他にも売上債権や仕入債権、棚卸資産などの変動額を加減するのですが、「上記以外にキャッシュフローの計算に影響を与えるものはないものとする」としているので計算不要です。
以上の数値を設問の計算式に代入すると、

 4,500万円-2,240万円-1,020万円+70万円-100万円=1,210万円

したがって[2]が正解となります。