FP2級 2016年5月 実技(金財:生保)問8

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問8

Mさんは、Aさんに対して、<資料1>の無配当逓増定期保険について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「当該生命保険の保険料は、保険期間開始のときから当該保険期間の6割に相当するまでの期間においては、その3分の2を資産に計上し、残りの3分の1を期間の経過に応じて損金の額に算入します」
  2. 「返戻率がピークの時期に払済終身保険に変更した場合でも、逓増定期保険から払済終身保険への変更に限り、経理処理の必要はありません」
  3. 「X社が当該生命保険契約を解約した場合にX社が受け取る解約返戻金は、Aさんに支給する役員退職金の原資として活用する以外に、設備投資等の事業資金としても活用することができます」

正解 
××

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. ×不適切。逓増定期保険の経理処理は、契約時の年齢及び保険期間終了時の年齢によって3つのパターンに分かれます。
    Aさんの年齢は56歳、<資料1>の保険は75歳満了なので、保険期間は19年間です。満了時年齢は70歳超ですが、「56+19×2=94<95」ですので、上表の1のケースに該当します。よって、前半6割期間は2分の1資産、2分の1損金の仕訳を行います。
  2. ×不適切。逓増定期保険を払済終身保険へ変更する場合、解約返戻金相当額を保険料積立金として資産計上し、逓増定期保険の前払保険料の全額を取り崩します。解約返戻金と前払保険料勘定との差額は雑収入または雑損失として計上します。
  3. 〇適切。X社が受け取る解約返戻金の使途はX社が自由に決定できます。Aさんに支給する役員退職金の原資として活用するだけでなく、会社の借入金の返済や運転資金への充当などにも活用することができます。