FP2級 2016年5月 実技(金財:生保)問9

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問9

Mさんは、Aさんに対して、中小企業退職金共済制度(以下、「中退共」という)および<資料2>の福利厚生プランについて説明した。Mさんが説明した次の記述①~④について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「中退共は、退職金を社外に積み立てる退職金準備の共済制度です。法人が支出した掛金は、損金の額に算入します」
  2. 「中退共に加入後、急な資金需要が生じた場合、福利厚生プランと同様に、契約者貸付制度を利用することができます」
  3. 「従業員が中途退職(生存退職)した場合、中退共の退職金および福利厚生プランの解約返戻金はX社が受け取ることになります」
  4. 「福利厚生プランの保険料は、原則として、その2分の1を福利厚生費として損金の額に算入します。ただし、役員または部課長など、特定の者のみを被保険者とする場合は、保険料の全額を資産に計上することになります」

正解 
×××

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。