FP2級過去問題 2016年9月学科試験 問59

問59

遺産の分割に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 遺言による相続分の指定がない場合、法定相続分に従って、遺産の分割をしなければならない。
  2. 被相続人の財産の維持や増加について特別の寄与をした相続人について認められる寄与分の額は、原則として共同相続人の協議によって定めるが、協議が調わないときは、寄与をした者の請求により家庭裁判所が寄与分を定める。
  3. 代償分割において、共同相続人のうち、特定の者が被相続人の相続財産を取得し、その者が他の相続人や受贈者に代償として交付する資産は、その者の固有財産のうち現金に限られる。
  4. 換価分割において、共同相続人が相続によって取得した財産の全部または一部を換価し、その換価代金を分割した場合、各相続人が取得した換価代金は、所得税において非課税所得とされている。

正解 2

解説

  1. 不適切。遺言で相続分の指定がない場合、相続人全員の協議により合意(協議分割)すれば、必ずしも法定相続分に従う必要はありません。
  2. [適切]。遺産分割の協議が調わない場合には、共同相続人の申立てに基づき家庭裁判所の調停により寄与分を定めます。よって記述は適切です。
  3. 不適切。代償分割とは共同相続人のうち特定の者が被相続人の遺産を取得し、その代償としてその者が自己の固有財産を他の相続人に交付する方法で、現金だけでなく土地・建物などを交付できます。
  4. 不適切。換価分割において換価代金を分割した場合、各相続人が得た代金には譲渡所得として所得税が課税されます。
したがって適切な記述は[2]です。