FP2級 2016年9月 実技(FP協会:資産設計)問13

問13

下記の生命保険契約について、保険金・給付金が支払われた場合の課税に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととする。
13.gif/image-size:560×106
  • 契約Aについて、契約から5年を超えた時点で解約し、夫が受け取った解約返戻金は()となる。
  • 契約Bについて、妻が受け取った年金は()となる。
  • 契約Cについて、夫が受け取った入院給付金は()となる。
  1. 1.相続税の課税対象
  2. 2.贈与税の課税対象
  3. 3.一時所得として所得税の課税対象
  4. 4.雑所得として所得税の課税対象
  5. 5.源泉分離課税により所得税の課税対象
  6. 6.非課税
(ア)(イ)(ウ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)
346

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

この問題に対する解説はまだありません。