FP2級 2017年1月 実技(FP協会:資産設計)問6(改題)

問6

NISA(少額投資非課税制度)に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
  • NISAにおいて、非課税の対象となるのは上場株式や公募株式投資信託等の()である。
  • 2020年中にNISAの対象となる金融商品を購入した場合、NISAの非課税期間は()までである。
  1. (ア)譲渡益のみ (イ)2024年末
  2. (ア)譲渡益のみ (イ)2024年末
  3. (ア)譲渡益・配当金・分配金 (イ)2024年末
  4. (ア)譲渡益・配当金・分配金 (イ)2025年末

正解 3

分野

科目:C.金融資産運用
細目:10.金融商品と税金

解説

少額投資非課税制度(NISA)は、個人が行う投資活動を活発にし、わが国の金融資産を預貯金からリスク資産へシフトさせることを目的として制定された税制度です。

以下はNISAについての出題ポイントをまとめた表です。
〔(ア)について〕
NISAでは、上場株式や公募株式投資信託等への投資から得られる譲渡益・配当金・分配金が非課税の対象となります。

〔(イ)について〕
NISAの非課税期間は最長5年間のため2020年中に購入した場合、その年から数えて5年目に当たる2024年末までが非課税期間となります。

したがって適切な組合せは[3]です。