FP2級 2017年1月 実技(金財:個人)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

仮に、Aさんが現時点(平成29年1月22日)で死亡し、妻Bさんが遺族厚生年金の受給権を取得した場合、受給権取得時における妻Bさんの遺族厚生年金の年金額(平成28年度価額)を計算した次の〈計算式〉の空欄①、②、④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。また、空欄③に入る適切な語句を、解答用紙の「される/されない」のいずれかから選び、マルで囲みなさい。計算にあたっては、《設例》および下記の〈資料〉を利用すること。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

〈計算式〉
  1. 基本額(本来水準の額。円未満四捨五入)
    350,000円×(5.481/1,000)×()月×()=□□□円
  2. 中高齢寡婦加算額
    妻Bさんの場合、中高齢寡婦加算額は加算(
  3. 遺族厚生年金の年金額(円未満四捨五入)
    )円
03.gif/image-size:531×158
 

正解 
 300(月)
 3/4
 されない
 431,629(円)

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

〔①について〕
遺族厚生年金の年金額の計算において、死亡した者の厚生年金被保険者期間が300月未満の場合は300月とみなして計算します。Aさんの厚生年金の加入期間は129月なので300月を乗じることとなります。
よって、正解は300(月)になります。

〔②について〕
遺族厚生年金は、報酬比例部分の老齢厚生年金の3/4が支給されることになっています。この数字部分は頻出ですので、必ず覚えましょう。
よって、正解は3/4になります。

〔③について〕
夫が死亡したとき40歳以上で子のない妻(夫の死亡後40歳に達した当時、子がいた妻を含む)が受給する遺族厚生年金には65歳になるまで中高齢寡婦加算が上乗せされます。中高齢寡婦加算の支払い要件は「40歳以上65歳未満」であるため、29歳である妻Bさんは支給対象外です。
よって、正解はされないになります。

〔④について〕
<資料>の計算式に値を当てはめていくと、

 350,000円×5.4811000×300月×3/4=431,628.75円
 (円未満四捨五入して)431,629円

よって、正解は431,629(円)になります。