FP2級 2017年5月 実技(FP協会:資産設計)問14

問14

会社員の川久保さんの平成28年分の所得等は、下記<資料>のとおりである。川久保さんが平成28年分の所得税の確定申告を行う際に、給与所得と損益通算できる損失に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
14.gif/image-size:560×176
  1. 不動産所得▲80万円と譲渡所得▲40万円が給与所得と損益通算できる。
  2. 不動産所得▲30万円と譲渡所得▲40万円が給与所得と損益通算できる。
  3. 不動産所得▲30万円と一時所得▲15万円が給与所得と損益通算できる。
  4. 不動産所得▲30万円が給与所得と損益通算できる。

正解 4

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:4.損益通算

解説

この問題に対する解説はまだありません。