FP2級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問2

問2

ファイナンシャル・プランナーには執筆や講演などの業務があり、著作権についての理解が必要である。著作権法に基づく著作権の保護に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  1. 公表された他人の著作物を自分の著作物に引用する場合、内容的に引用部分が「主」で自ら作成する部分が「従」でなければならない。
  2. 20名のファイナンシャル・プランナーが集まる勉強会において、他人の著作物をコピーして教材に使用することは私的使用目的に当たり、著作権者の許諾は必要ない。
  3. 官公庁の通達を自分の著作物に引用する場合、官公庁の許諾が必要である。
  4. 新聞記事をコピーし、生活者向け講演会の資料として配布する場合、当該新聞社の許諾が必要である。

正解 4

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:2.ファイナンシャル・プランニングと関連法規

解説

  1. 不適切。公表された著作物を引用する場合、自己の作成部分が「主」で引用する部分が「従」という主従関係でなければなりません。本肢は逆の説明をしています。
  2. 不適切。著作権法では私的利用のための複製を認めていますが、ここでいう私的利用とは自分一人、又は家庭内に準じるような閉鎖的グループで使用することが要件となります。不特定多数が集まる勉強会や講習会などで他人の著作物をコピーして使用することは私的使用目的とはいえず、著作権者の許諾が必要になります。
    ※10人程度までの社内グループやサークルと解釈されています。
  3. 不適切。法令・告示・判例・通達等は、著作権の目的とならないため、自由に引用することができます。
  4. [適切]。原則として新聞記事は著作物であるため、講演会等でコピーをして資料として配布する場合、当該新聞社の許諾が必要になります。
したがって適切な記述は[-3]です。