FP2級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問14

問14

次の(ア)~(エ)の事例のうち、損害保険の保険金の支払い対象となるものには○、支払い対象とならないものには×を解答欄に記入しなさい。なお、いずれの保険も特約は付帯していないものとする。
14.gif/image-size:560×142
    (ア)(イ)(ウ)(エ)

    正解 
    (ア)(イ)(ウ)(エ)
    ××

    分野

    科目:B.リスク管理
    細目:4.損害保険

    解説

    1. 〇適切。普通傷害保険は、国内国外問わず、家庭内や職場内、旅行中など、日常生活の中で起こる急激かつ偶然による事故による傷害に対して補償されるため、(ア)の事例は支払いの対象となります。
    2. ×不適切。対人賠償保険は、自動車事故により他人を死傷させ、賠償責任を負った場合に自賠責保険を超える金額について補償されます。ただし、配偶者・子・父母については補償対象外となるため、(イ)の事例は支払いの対象とはなりません。
    3. 〇適切。海外旅行傷害保険は、海外旅行に行くため自宅を出発してから帰宅するまでのあいだに被ったケガや病気に対して補償されます。地震・噴火・津波によるケガや細菌性食中毒も対象となるため、(ウ)の事例は支払いの対象となります。
    4. ×不適切。個人賠償責任保険は、日常生活で起きた偶発的な事故により、他人の身体および財物に損害を与えたために負った賠償責任に対して補償されます。ただし、同居親族間によるものや借り物・預かり物については補償対象外となるため、(エ)の事例は支払いの対象とはなりません。