FP2級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問31

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問31

真理恵さんは、平成29年8月中に病気(私傷病)療養のため下記<資料>のとおり休業した日がある。真理恵さんについての健康保険の傷病手当金の支給要件等に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、真理恵さんは、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者であり、当該休業期間に係る報酬の支払いはないものとする。また、記載のない条件については一切考慮しないものとする。

<資料>
31.gif/image-size:515×169
  • 上記の休業した日については、労務不能と認められている。
  • 真理恵さんは()によって、傷病手当金の支給要件の1つである待期期間を完成している。
  • 真理恵さんは()から、傷病手当金を受けることができる。
  • 真理恵さんの傷病手当金の1日当たりの額は、原則として、以下の計算方法で計算される。
    「支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額」÷30日×(
  1. (ア)上記の図のAの期間 (イ)休業開始日 (ウ)2/3
  2. (ア)上記の図のBの期間 (イ)待期期間を経過した日 (ウ)2/3
  3. (ア)上記の図のAの期間 (イ)待期期間を経過した日 (ウ)1/2
  4. (ア)上記の図のBの期間 (イ)休業開始日 (ウ)1/2

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

傷病手当金は、被保険者が病気やけがのために働くことができず、連続して3日以上休み給料が支払われない場合に、4日目以降の休業日について1日当たり標準報酬日額の3分の2相当額が1年6ヶ月を限度に支払われます。

〔(ア)について〕
傷病手当金は、病気・ケガ等で会社を休み、療養によって連続して3日以上欠勤した場合に「待期期間完成」となるため、上記の図のBの期間によって待期期間の完成となります。

〔(イ)について〕
傷病手当金は、連続して3日以上欠勤した翌日4日目から支給されるため、待期期間を経過した日(本問で言えば21日)から傷病手当金を受けることができます。

〔(ウ)について〕
傷病手当金の支給額は、以下で算出されます。(ウ)には2/3が入ります。
したがって適切な組合せは[2]です。