FP2級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問37

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問37

和博さんの母である敏子さんが平成29年中に受け取った公的年金および個人年金は下記<資料>のとおりである。敏子さんが確定申告すべき平成29年分の所得税における雑所得の金額として、最も適切なものはどれか。なお、敏子さんには雑所得のほかに確定申告すべき不動産所得が200万円ある。
37_1.gif/image-size:377×104
37_2.gif/image-size:559×106
  1. 269,370円
  2. 300,000円
  3. 909,370円
  4. 1,640,000円

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

雑所得の金額は、「公的年金等に係る雑所得」と「その他の雑所得」に分けて計算します。

[老齢基礎年金]
公的年金等に係る雑所得となり、「公的年金等収入金額-公的年金等控除額」によって算出されます。

公的年金の収入金額は72万円、控除額は表中より120万円なので、

 72万円-120万円=▲48万円→0円

[遺族厚生年金]
遺族年金及び障害年金は、その性質や社会政策上の観点から非課税所得に分類されます。よって合算対象外です。

[個人年金]
雑所得として扱われ、「収入金額-必要経費」によって算出されます。

収入金額は100万円、必要経費は70万円なので、

 100万円-70万円=30万円

3つの合計は、0円+0円(非課税)+30万円=300,000円

したがって[2]が正解です。