FP2級 2017年9月 実技(金財:個人)問15

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問15

Aさんの相続における課税遺産総額(課税価格の合計額-遺産に係る基礎控除額)が3億400万円であった場合の相続税の総額を計算した下記の表の空欄①~④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
15_1.gif/image-size:365×245
15_2.gif/image-size:357×171
万円
万円
万円
万円

正解 
 6,600(万円)
 560(万円)
 235(万円)
 6,530(万円)

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

〔①について〕
遺産に係る基礎控除額は「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」で計算します。
本問における法定相続人は、妻Bさん、長男Cさん、二男Eさん、二女Fさん、代襲相続の孫Gさん、孫Hさんの6人になります。

 3,000万円+(600万円×6人)=6,600万円

よって、正解は6,600(万円)になります。

〔②、③について〕
法定相続人の相続分は、妻Bさんが2分の1、Cさん・Eさん・Fさんが各8分の1、代襲相続のGさん・Hさんが各16分の1となります。

まず、課税遺産総額3億400万円を法定相続分にそれぞれに配分します。
  • 妻Bさん … 3億400万円×1/2=1億5,300万円
  • Cさん・Eさん・Fさん … 3億400万円×1/8=3,800万円
  • Gさん・Hさん … 3億400万円×1/16=1,900万円
次に速算表を利用して、各人ごとの相続税額を算出します。
  • 妻Bさん … 1億5,200万円×40%-1,700万円=4,380万円
  • Cさん・Eさん・Fさん … 3,800万円×20%-200万円=560万円 …②
  • Gさん・Hさん …1,900万円×15%-50万円=235万円 …③
よって、②が560(万円)、③が235(万円)になります。

〔④について〕
6人分の税額を合算するだけです。

 4,380万円+560万円×3+235万円×2=6,530万円

よって、正解は6,530(万円)になります。