FP2級 2017年9月 実技(金財:生保)問8

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問8

X社が現在加入している生命保険を現時点で解約した場合のX社の経理処理(仕訳)について、下記の<条件>を基に、空欄①~③に入る最も適切な数値を、解答用紙に記入しなさい。

<条件>
  • X社が解約時までに支払った保険料の総額は6,300万円である。
  • 上記以外の条件は考慮しないものとする。
08.gif/image-size:514×88
万円
万円
万円

正解 
 5,300(万円)
 3,150(万円)
 2,150(万円)

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

〔①について〕
解約返戻金の経理処理として、まず解約返戻金として5,300万円を受け取るので、借方の現金・預金は5,300万円になります。
よって、正解は5,300(万円)になります。

〔②について〕
逓増定期保険の支払保険料は、①満了時年齢、②加入時年齢、③保険期間によって3つの経理処理に分かれます。
本問のケースですが、支払済保険料の総額6,300万円を年払保険料700万円で除すことによって契約開始からの経過期間(年数)がわかります。「6,300万円÷700万円=9年」です。現在のAさんは60歳ですから保険開始時の年齢は51歳ということになります。そして、満了時年齢は73歳、保険期間は「73歳-51歳=22年」ですから、
  • 満了時年齢 73歳>70歳
  • 51+(22×2)=95≦95
という判定で、上表1.の「2分の1資産計上・2分の1損金算入」に該当することとなります。前半6割の期間は「22年×6/10=13.2年」で契約から13年目までです。今回は契約から9年目なので、これまでの支払保険料は全て損金と資産に2分の1ずつ計上されていることになります。

前払保険料勘定として資産計上されている金額は「6,300万円÷2=3,150万円」ですから、解約返戻金の受け取り時にはこの金額を取り崩すこととなります。
よって、正解は3,150(万円)になります。

〔③について〕
1つの経理処理(仕訳)では、必ず借方と貸方の金額が一致します。雑収入の金額は解約返戻金と前払保険料の差額になります。

 5,300万円-3,150万円=2,150万円

よって、正解は2,150(万円)になります。