FP2級過去問題 2018年1月学科試験 問25

問25

下記<資料>から求められるPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)に基づく、A社株式とB社株式の株価の比較評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、A社とB社の業種および事業内容は同一の分類であるものとする。
25.gif/image-size:341×89
  1. PERではA社の方が割安、PBRではB社の方が割安と評価できる。
  2. PERではB社の方が割安、PBRではA社の方が割安と評価できる。
  3. PERおよびPBRのいずれにおいても、A社の方が割安と評価できる。
  4. PERおよびPBRのいずれにおいても、B社の方が割安と評価できる。

正解 4

解説

PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)は株式の割安性を示す指標で、ともに低い値であるほど割安と評価されます。
PER(Price Earning Ratio)
株価が1株当たりの純利益の何倍になっているかを表す指標
PER(倍)=株価÷1株当たりの純利益
PBR(Price Book-Value Ratio)
企業について市場が評価した値段(時価総額)が、会計上の解散価値である純資産の何倍であるかを表す指標
PBR(倍)=株価÷1株当たりの純資産
上記の式に従って二社のPERとPBRを計算すると、

[A社]
PER=500÷50=10(倍)
PBR=500÷125=4(倍)

[B社]
PER=350÷70=5(倍)
PBR=350÷175=2(倍)

PERとPBRのどちらにおいてもB社の方が低い値なので、B社の方が割安と評価できます。よって正解は[4]です。