FP2級 2018年1月 実技(金財:個人)問15

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問15

仮に長男Cさんが相続時精算課税制度の適用を受けた後に、Aさんに相続が開始した場合の相続税の総額を計算した下記の表の空欄①~④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、Aさんから贈与を受けた賃貸マンションの建物の贈与時点の相続税評価額は3,000万円で、相続開始時点の相続税評価額は2,900万円である。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
15_1.gif/image-size:450×199
15_2.gif/image-size:358×241
万円
万円
万円
万円

正解 
 48,200(万円)
 4,800(万円)
 2,640(万円)
 12,345(万円)

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

この問題に対する解説はまだありません。