FP2級 2018年5月 実技(FP協会:資産設計)問31

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問31

孝幸さんはマンション購入に当たり、夫婦での住宅ローンの借入れを検討している。共働き夫婦が住宅ローンを借り入れる場合に関する次の(ア)~(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。
  1. 「ペアローン」は夫婦それぞれが住宅ローンを契約するため、一定の要件を満たせば、夫婦それぞれが住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の適用を受けることができる。
  2. 「収入合算」は夫婦の収入を合算して1つの住宅ローンを契約するため、夫または妻が単独で住宅ローンを契約する場合と比較して、借入金額を増やすことができる。
  3. 「ペアローン」で住宅ローンを契約した場合、夫婦のどちらか一方の住宅ローンにしか団体信用生命保険を付保することができない。
(ア)(イ)(ウ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)
×

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:8.ライフプラン策定上の資金計画

解説

ペアローンは、夫婦や親子若しくは同居親族のそれぞれが主たる契約者となり、2人が連帯して住宅ローンを組むことです。
  1. 〇適切。「ペアローン」は夫婦それぞれが住宅ローンの契約者となるため、夫婦それぞれが住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の適用を受けることができます。
  2. 〇適切。住宅ローンの借入限度額は年収によって決まるため、単独で契約するよりも夫婦の収入を合算して契約した方が借入金額を増やすことができます。
  3. ×不適切。「ペアローン」で住宅ローンを契約した場合、夫婦それぞれの住宅ローンに団体信用生命保険を付保することができます。