FP2級過去問題 2018年9月学科試験 問59

問59

下記<資料>に基づき、賃貸の用に供しているマンション(家屋)の相続税評価額として、最も適切なものはどれか。

<資料>マンションの概要
マンションの家屋の固定資産税評価額:10,000万円
借地権割合:70%
借家権割合:30%
賃貸割合 :100%
  1. 2,100万円
  2. 3,000万円
  3. 7,000万円
  4. 7,900万円

正解 3

解説

貸家については、相続税評価額を以下の算式で計算します。
設問の数値を当てはめると、

 10,000万円×(1-30%×100%)
=10,000万円×(1-0.3)
7,000万円

したがって[3]が正解です。