FP2級 2018年9月 実技(FP協会:資産設計)問16

問16

所得税におけるセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。
  1. セルフメディケーション税制の適用対象者は、その適用を受けようとする年分に、健康の保持増進および疾病の予防に関する一定の取組みを行っている居住者である。
  2. 会社員の場合、一定の要件を満たしていれば、年末調整によりセルフメディケーション税制の適用を受けることができる。
  3. セルフメディケーション税制の適用を受ける場合、その年分に従来の医療費控除の適用を受けることはできない。
  4. セルフメディケーション税制における控除の上限額は10万円である。
(ア)(イ)(ウ)(エ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)(エ)
××

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

この問題に対する解説はまだありません。