FP2級 2018年9月 実技(FP協会:資産設計)問17

問17

下記<相続関係図>の場合において、民法の規定に基づく法定相続分に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)に入る適切な語句または数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句または数値を何度選んでもよいこととする。
<相続関係図>
17.gif/image-size:381×160
[相続人の法定相続分]
  • 被相続人の妻の法定相続分は()、遺留分は()。
  • 被相続人の母の法定相続分は()、遺留分は()。
  1. なし
  2. 1/2
  3. 1/3
  4. 1/4
  5. 1/6
  6. 1/8
  7. 2/3
  8. 3/4
  9. 3/8
(ア)(イ)(ウ)(エ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)(エ)
2/31/31/31/6

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:3.相続と法律

解説

まず法定相続人になる者を決定しなければなりません。民法の規定では、死亡した人の配偶者は常に法定相続人となり、配偶者以外の人は、「子」→「直系尊属」→「兄弟姉妹」の順序で配偶者と一緒に法定相続人になります。

設問のケースでは、まず存命中の配偶者が法定相続人になります。第1順位は子ですが、被相続人の子は相続を放棄しています。相続放棄した者は最初からいなかったものとして扱われるため、第2順位の直系尊属に当たる「母」が、「妻」とともに法定相続人になります。

法定相続分は、法定相続人の組合せによって次のように定められています。
配偶者と直系尊属が法定相続人になるケースでは、配偶者が2/3、直系尊属が1/3ですので、
  • 妻の法定相続分は2/3
  • 母の法定相続分は1/3
となります。

次に遺留分を求めます。遺留分とは、遺族の生活保障を考慮し、相続財産の一定割合を、一定範囲の相続人に留保する制度です。遺留分が認められている遺族と、その割合は次の通りです。
配偶者と直系尊属が法定相続人になるケースでは、遺留分は法定相続分の1/2ですので、各人の遺留分は下記のようになります。
  • 妻の遺留分は「2/3×1/2=1/3」。
  • 母の遺留分は「1/3×1/2=1/6」。