FP2級 2019年1月 実技(FP協会:資産設計)問5

問5

個人型確定拠出年金(以下「iDeCo」という)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。
  1. 国民年金基金とiDeCoの両方に重複して加入することはできない。
  2. 掛金は毎月拠出する方法のほか、拠出限度額の範囲内で年1回以上、任意に決めた月にまとめて拠出することもできる。
  3. 国民年金保険料の半額免除を受けている場合でも、iDeCoに加入することができる。
  4. 支払った掛金は、小規模企業共済等掛金控除として、所得控除することができる。
(ア)(イ)(ウ)(エ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)(エ)
××

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:6.企業年金・個人年金等

解説

  1. ×不適切。国民年金基金とiDeCoは重複して加入することが可能です。合わせて月額68,000円まで拠出することができます。
  2. 〇適切。掛金は毎月拠出する方法以外に拠出限度額の範囲内で年1回以上、加入者が任意に決めた月にまとめて拠出することも可能です。
  3. ×不適切。国民年金保険料を免除もしくは一部免除を受けている場合、iDeCoに加入することはできません。
  4. 〇適切。iDeCoで支払った掛金は、その全額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となります。