FP2級 2019年1月 実技(FP協会:資産設計)問28(改題)

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問28

増田さん夫婦は、2022年2月にマンションを購入する予定である。増田さん夫婦が<設例>のマンションを購入する場合の販売価格のうち、土地(敷地の共有持分)の価格を計算しなさい。なお、消費税の税率は10%とし、計算結果について万円未満の端数が生じる場合は四捨五入すること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。
万円

正解 

 2,860(万円)

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

購入に係る消費税を基に土地の価格を割り出します。土地の購入には消費税が掛からないため、144万円はすべて建物部分に掛かる消費税です。2019年10月以降の消費税は10%ですので、税抜きの建物の価格は、

 建物価格×10%=144万円
 建物価格=144万円÷10%=1,440万円

販売価格から消費税と建物価格を差し引いて、土地(敷地の共有持分)の価格を求めます。

 4,444万円-144万円-1,440万円=2,860万円

したがって正解は2,860万円です。