FP2級 2019年1月 実技(金財:個人)問1

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問1

Mさんは、Aさんに対して、遺族基礎年金について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
  1. 「遺族基礎年金を受給することができる遺族の範囲は、死亡した被保険者によって生計を維持されていた『子のある()』または『子』です。『子』とは、18歳到達年度の末日までの間にあるか、()歳未満で障害等級1級または2級に該当する障害の状態にあり、かつ、現に婚姻していない子を指します」
  2. 「子のある()の遺族基礎年金の額(平成30年度価額)は、『779,300円+子の加算』の式により算出され、子の加算は第1子・第2子までは1人につき()円、第3子以降は1人につき74,800円となります。したがって、仮に、Aさんが現時点(平成31年1月27日)で死亡した場合、妻Bさんが受給することができる遺族基礎年金の額は、年額□□□円となります」
  1. イ.20
  2. ロ.25
  3. ハ.30
  4. ニ.224,300
  5. ホ.389,300
  6. ヘ.584,500
  7. ト.妻
  8. チ.妻または55歳以上の夫
  9. リ.配偶者

正解 

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

〔①について〕
遺族基礎年金を受給できる遺族の範囲は、死亡した者の「子のある配偶者」または「子」だけになります。子のない配偶者や、18歳到達年度末日まで未婚の子(1級または2級の障害状態にある子は20歳未満)という要件を満たさなくなった場合には、遺族基礎年金は支給されません。
よって、正解は[リ]の配偶者になります。

〔②について〕
遺族基礎年金を受給できる子の要件は18歳到達年度末日までの未婚の子(1級または2級の障害状態にある子は20歳未満)になり、配偶者、子のいずれかが婚姻したときは受給権がなくなります。
よって、正解は[イ]の20(歳)になります。

〔③について〕
子のある配偶者が受給する遺族基礎年金額の年金額は「779,300円+子の加算額」となり、1人目と2人目の子は1人につき224,300円、3人目以降の子は1人につき74,800円が加算されます。
よって、正解は[ニ]の224,300(円)になります。