FP2級 2019年1月 実技(金財:生保)問2

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問2

《設例》の<Aさんとその家族に関する資料>および下記の<資料>に基づき、次の①、②を求め、解答用紙に記入しなさい(計算過程の記載は不要)。なお、年金額は平成30年度価額に基づいて計算し、年金額の端数処理は円未満を四捨五入すること。
  1. 原則として、Aさんが65歳から受給することができる老齢基礎年金の年金額
  2. 原則として、Aさんが65歳から受給することができる老齢厚生年金の年金額
02.gif/image-size:506×367

正解 
 737,088(円)
 1,497,165(円)

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:5.公的年金

解説

この問題に対する解説はまだありません。