FP2級過去問題 2019年5月学科試験 問23

問23

固定利付債券の利回り(単利・年率)と市場金利の変動との関係に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、手数料、経過利子、税金等については考慮しないものとする。
表面利率が0.3%、償還年限が10年の固定利付債券(以下「債券A」という)が額面100円当たり100円で新規に発行された。発行から3年後に中央銀行の金融政策により市場金利が上昇したのに連動して債券Aの最終利回りも0.5%に上昇した。このとき、債券Aを新規発行時に購入し、償還まで保有する場合の応募者利回りは0.3%()。また、債券Aを新規発行時に購入し、発行から3年後に売却する場合の所有期間利回りは0.3%()。
  1. (ア)で変わらない (イ)よりも低くなる
  2. (ア)よりも高くなる (イ)よりも低くなる
  3. (ア)で変わらない (イ)で変わらない
  4. (ア)よりも高くなる (イ)で変わらない

正解 1

解説

〔(ア)について〕
まず応募者利回りと最終利回りの違いについて確認しておきます。
応募者利回り
債券の発行時に購入し、償還まで保有したときの利回り
最終利回り
既に発行されている債券を購入し、償還まで保有したときの利回り

応募者利回りは以下の式で求めます。
市場金利や最終利回りが上昇しても、発行済債券の表面利率や償還時の金額が上昇するわけではないので、応募者利回りは変わりません。

〔(イ)について〕
所有期間利回りは、債券の発行時に購入または既に発行されている債券を購入し、償還前に売却したときの利回りで以下の式で求めます。
市場金利が高くなると発行済債券の価格は下落します。新規発行から3年後に売却すると、購入金額は100円、債券の表面利率は0.3%のままですが、売却金額が額面金額の100円より安くなる(売却金額-購入金額<0)ので、算出式の分子の値が0.3より小さくなります。分母は購入金額の100(円)ですから、所有期間利回りは0.3%よりも低くなります。

以上より、適切な組合せは[1]となります。