FP2級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問9

問9

柴田さんは、保有しているマンションを賃貸している。下記<資料>に基づいて計算した2018年分の所得税に係る不動産所得の金額として、正しいものはどれか。なお、<資料>以外の収入および支出等はないものとし、青色申告特別控除は考慮しないこととする。

<資料:2018年分の賃貸マンションに係る収入および支出等>
  • 賃料収入(総収入金額)144万円
  • 支出
    銀行へのローン返済金額 60万円(元金40万円、利息20万円)
    管理費等 12万円
    管理業務委託費 72,000円
    火災保険料 1万円
    固定資産税 12万円
    修繕費 8万円
  • 減価償却費 33万円
※支出等のうち必要経費となるものは、すべて2018年分の所得に係る必要経費に該当するものとする。
  1. 308,000円
  2. 438,000円
  3. 508,000円
  4. 838,000円

正解 3

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

不動産所得は「総収入金額-必要経費」で求めます。

[総収入金額]
賃料収入144万円が該当します。

[必要経費]
不動産所得を得るために支出した費用及び減価償却費の合計です。<資料>の支出のほぼすべてが必要経費となりますが、銀行へのローン返済金額のうち"元金返済部分40万円"は借りていたお金を返しただけなので経費にはなりません。

必要経費の合計は、
 20万円+12万円+7.2万円+1万円+12万円+8万円+33万円=932,000円

[不動産所得の金額]
 1,440,000円-932,000円=508,000円

したがって[3]が正解です。