FP2級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問11

問11

千田次郎さん(47歳)が保険契約者(保険料負担者)および被保険者として加入している生命保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。なお、保険契約は有効に継続し、かつ特約は自動更新しているものとし、次郎さんはこれまでに<資料>の保険から、保険金・給付金を一度も受け取っていないものとする。また、各々の記述はそれぞれ独立した問題であり、相互に影響を与えないものとする。
11_1.gif/image-size:559×426
11_2.gif/image-size:559×307
  • 次郎さんが現時点で、肺炎で30日間入院した場合(手術は受けていない)、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は()万円である。
  • 次郎さんが現時点で、初めてガン(悪性新生物)と診断され、治療のため42日間入院し、その間に約款所定の手術(給付倍率40倍)を1回受けた場合、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は()万円である。
  • 次郎さんが現時点で、交通事故で死亡(入院・手術なし)した場合、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は()万円である。
※約款所定の手術は無配当定期保険特約付終身保険および終身医療保険ともに該当するものである。
(ア)万円
(イ)万円
(ウ)万円

正解 
(ア) 28(万円)
(イ) 1,089(万円)
(ウ) 3,820(万円)

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

〔(ア)について〕
<保険証券1>
入院特約が3種類ありますが、肺炎での入院なので「疾病入院特約」のみ該当します。
疾病入院特約は、入院5日目から日額5,000円が支払われます(入院1日目から4日目までの4日分は対象となりません)。30日間入院したので支払対象日数は「30日-4日=26日分」となります。

 5,000円×26日=13万円

<保険証券2>
肺炎での入院なので「疾病入院給付金」のみ該当します。入院1日目から日額5,000円が支払われます。

 5,000円×30日=15万円

以上より、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は、

 13万円+15万円=28万円

よって、正解は28万円になります。

〔(イ)について〕
ガン(悪性新生物)は、三大疾病に該当します。また、生活習慣病特約の給付金の対象となることを踏まえて保険金・給付金を算出します。
<保険証券1>
・三大疾病保障定期保険特約保険金額 1,000万円

疾病入院特約および生活習慣病入院特約は、入院5日目から日額5,000円が支払われます(入院1日目から4日目までの4日分は対象となりません)。42日間入院したので支払対象日数は「42日-4日=38日分」となります。

・疾病入院特約 5,000円×38日=19万円
・生活習慣病入院特約 5,000円×38日=19万円

約款所定の手術(給付倍率40倍)を1回受けているので、手術給付金が支払われます。

・手術給付金 5,000円×40倍=20万円

<保険証券1>から支払われる保険金の合計額は、

 1,000+19+19+20=1,058万円

<保険証券2>
・疾病入院給付金 5,000円×42日=21万円
・手術給付金 手術1回につき10万円

以上より、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は、

 1,058万円+21万円+10万円=1,089万円

よって、正解は1,089万円になります。

〔(ウ)について〕
<保険証券1>
まず、終身保険と定期保険特約については死因に関係なく保険金が支払われます。

・終身保険 300万円
・定期保険特約 2,000万円

また、三大疾病保障定期保険特約は、①三大疾病に罹患し所定の状態になったとき、②三大疾病保険金を受け取る前に死亡したときに支払われます。次郎さんはこれまで<資料>の保険から保険金・給付金を受け取っていないため、三大疾病保障定期保険特約保険金も支払われます。

・三大疾病保障定期保険特約 1,000万円

そして、災害割増特約及び障害特約は、不慮の事故から180日以内に死亡した場合に保険金が支払われます。交通事故で死亡した場合、傷害特約にも該当します。

・障害特約 500万円

<保険証券1>から支払われる保険金の合計額は、

 300+2,000+1,000+500=3,800万円

<保険証券2>
・死亡保険金 20万円

以上より、保険会社から支払われる保険金の合計は、

 3,800万円+20万円=3,820万円

よって、正解は3,820万円になります。