FP2級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問16

問16

定年退職後にアルバイトを始めた米田さんの2018年分の収入は下記<資料>のとおりである。<資料>の空欄(ア)~(エ)にあてはまる所得の種類を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。
16.gif/image-size:559×123
  1. 1.利子所得
  2. 2.配当所得
  3. 3.不動産所得
  4. 4.事業所得
  5. 5.給与所得
  6. 6.退職所得
  7. 7.山林所得
  8. 8.譲渡所得
  9. 9.一時所得
  10. 10.雑所得
(ア)(イ)(ウ)(エ)

正解 
(ア)(イ)(ウ)(エ)
52109

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

〔(ア)について〕
アルバイトの給与収入は、給与所得に該当します。
よって、正解は[5]の給与所得になります。

〔(イ)について〕
株式投資信託の収益分配金は、配当所得に該当します。なお、公社債投資信託の収益分配金は、利子所得になります。
よって、正解は[2]の配当所得になります。

〔(ウ)について〕
老齢厚生年金は、公的年金等に係る雑所得に該当します。他にも、国民年金、厚生年金基金、確定拠出年金なども公的年金等として雑所得になります。
よって、正解は[10]の雑所得になります。

〔(エ)について〕
保険料負担者と受取人が同一の場合の満期保険金の受取額は、一時所得に該当します。なお、満期保険金の保険料負担者と受取人が異なる場合は、所得税ではなく、贈与税の課税対象となります。
よって、正解は[9]の一時所得になります。