FP2級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問28

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問28

政彦さんは、現在居住している自宅の住宅ローン(全期間固定金利、返済期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし)の繰上げ返済を検討しており、FPの榎田さんに繰上げ返済について質問をした。政彦さんが住宅ローンを132回返済後に、100万円以内で期間短縮型の繰上げ返済をする場合、この繰上げ返済により短縮される返済期間として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<資料>を使用し、繰上げ返済額は100万円を超えない範囲での最大額とすること。また、繰上げ返済に伴う手数料等は考慮しないものとする。
28.gif/image-size:559×410
  1. 6ヵ月
  2. 1年0ヵ月
  3. 1年1ヵ月
  4. 1年2ヵ月

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:8.ライフプラン策定上の資金計画

解説

繰上げ返済すると、次回返済分から順に元金部分に充当されていきます。

<資料>より132回返済後の残高は、31,501,818円です。ここから、100万円繰上げ返済したとすると、繰上げ返済後の残高は、

 31,501,818円-1,000,000円=30,501,818円

となります。

<資料>を見ると、残高が30,501,818円より多い、かつ、最も先の返済回は、30,509,612円の146回目となります。このことから、100万円以内で繰上げ返済をすると最大で133回目から146回目までの14回分について元本を全額返済できるとわかります。全額返済された月の分だけ返済期間が短縮されるので、短縮される返済期間は「14ヶ月=1年2ヶ月」となります。

また、133回目から順に元本を足し合わせていき合計100万円に達するまでの月数をカウントしても良いでしょう。