FP2級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問29

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問29

政彦さんは、健斗さんの大学受験を控え、大学の入学に係る費用等についてFPの榎田さんに質問をした。榎田さんが大学の入学費用について説明する際に使用した下記<資料>の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、学校納付金とは、入学金、寄付金、学校債など、入学時に学校に支払った費用をいう。また、受験費用とは、受験料および受験のための交通費・宿泊費で、受験したすべての学校・学部に係るものをいう。
29.gif/image-size:559×360
  1. (ア)学校納付金 (イ)入学しなかった学校への納付金 (ウ)受験費用
  2. (ア)受験費用 (イ)入学しなかった学校への納付金 (ウ)学校納付金
  3. (ア)学校納付金 (イ)受験費用 (ウ)入学しなかった学校への納付金
  4. (ア)受験費用 (イ)学校納付金 (ウ)入学しなかった学校への納付金

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:8.ライフプラン策定上の資金計画

解説

日本政策金融公庫が発表している「教育費負担の実態調査結果」では、入学費用を「受験費用」「学校納付金」「入学しなかった学校への納付金」に区分した支出状況が示されています。
〔(ア)について〕
「学校納付金」が入ります。入学金、寄付金、学校債などの入学時に学校に支払った費用をいいます。

2017年度の日本政策金融公庫が発表したアンケート調査によると、
国公立大学  29.9万円
私立大学文系 49.4万円
私立大学理系 43.5万円
となっており、私立大学文系が高めとなっています。

〔(イ)について〕
「受験費用」が入ります。受験したすべての学校・学部にかかる受験料・受験のための交通費や宿泊費をいいます。

2017年度の日本政策金融公庫が発表したアンケート調査によると、
国公立大学  27.7万円
私立大学文系 33.9万円
私立大学理系 33.7万円
となっており、約6万円ほど国立大学が低いことがわかります。

〔(ウ)について〕
「入学しなかった学校への納付金」が入ります。入学はしなかったものの、受験をした学校への受験料や入学金の一部などの費用をいいます。

2017年度の日本政策金融公庫が発表したアンケート調査によると、
国公立大学  11.6万円
私立大学文系  9.6万円
私立大学理系  9.8万円
となっており、約2万円ほど国立大学が高いことがわかります。

したがって[3]の組合せが適切です。