FP2級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問35

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問35

FPの落合さんは、まず現時点(2019年4月1日)における佐野家(俊彦さんと晴美さん)のバランスシート分析を行うこととした。下表の空欄(ア)に入る数値を計算しなさい。
35.gif/image-size:560×222
万円

正解 
 3,710(万円)

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

ライフプランニングを行うにあたり、一定時点の資産と負債のバランスを見るために有効なのが「バランスシート」です。資産および負債は時価で記入します。

バランスシートの純資産額は、「資産-負債」で求められ、トータルのバランスシートは一家の合計額が対象になります。

〔資産〕
  • 金融資産 2,290万円+120万円=2,410万円
  • 生命保険(解約返戻金相当額) 120万円+150万円+280万円+190万円=740万円
  • 事業用資産 店舗・商品等 2,660万円
  • 土地(自宅の敷地) 3,650万円
    建物(自宅の家屋) 340万円
  • その他(動産等) 180万円+30万円=210万円
よって資産合計は、
 2,410+740+2,660+3,650+340+210=10,010万円

〔負債〕
返済しなくてはならないものです。
  • 住宅ローン 1,700万円
  • 自動車ローン 120万円
  • 事業用借入 4,480万円
よって負債合計は、
 1,700+120+4,480=6,300万円

〈純資産〉
資産合計から負債合計を差し引いて正味の財産額を求めます。

 10,010万円-6,300万円=3,710万円

以上より、(ア)の金額は3,710万円となります。