FP2級 2019年5月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、Aさんに対して、株式の投資指標等について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「一般に、PERが高い銘柄ほど、株価は割安で今後の高い利益成長が期待されていると考えることができます」
  2. 「一般に、ROEが高い会社ほど、資産の効率的な活用がなされていると考えることができます」
  3. 「一般に、配当性向が高いほど、株主に対する利益還元の度合いが高いと考えることができます。配当性向は、Y社の数値がX社の数値を上回っています」

正解 
××

分野

科目:C.金融資産運用
細目:5.株式投資

解説

  1. ×不適切。PER(株価収益率)は、株価が1株当たり利益の何倍であるかを示す指標で、その値が低いほど株価が割安であると判断されます。
  2. 〇適切。ROE(自己資本利益率)は、自己資本を使ってどれだけ利益をあげたかを示す指標で、その値が高いほど資産を効率的に活用して利益を獲得していると評価されます。
  3. ×不適切。配当性向は、当期純利益のうち株主に配当金として還元した割合を示す指標です。

     配当性向(%)=年間配当金÷当期純利益×100

    X社は「120,000÷290,000×100≒41.38%」、Y社は「15,000÷46,500×100≒32.26%」なので、配当性向はX社の方が高いです。