FP2級 2019年9月 実技(FP協会:資産設計)問37(改題)

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問37

紀行さんが2020年中に行った国内公募株式投資信託であるRファンドの取引は、下記<資料>のとおりである。紀行さんの2020年分のRファンドに係る譲渡所得の金額として、正しいものはどれか。なお、紀行さんは、2019年以前にRファンドを保有したことはない。また、いずれの取引も基準価額での購入または売却である。
37.gif/image-size:487×88
  1. 165,440円
  2. 178,400円
  3. 200,000円
  4. 239,696円

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

まず、ファンドの購入価額と手数料から各取得金額を算出します。
  • 2020年1月 … 9,400円×100+20,304円=960,304円
  • 2020月7月 … 11,000円×60+14,256円=674,256円
同じ投資信託を複数回購入した場合の取得単価は、総平均法に準ずる方法により計算するので、Rファンド1万口当たりの取得単価は、

 (960,304円+674,256円)÷160=10,216円

2020年9月に基準価額12,000円で100万口を売却しているため、求める譲渡所得の金額は、

 (12,000円-10,216円)×100=178,400

したがって[2]が正解です。