FP2級 2019年9月 実技(金財:個人)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

最後に、Mさんは、Aさんに対して、各種のアドバイスを行った。Mさんがアドバイスした次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「<財務データ>から自己資本比率は、X社よりもY社のほうが高いと判断できます。一般に、自己資本比率が高いことは、総資本に対する負債の比率が低いことでもあり、財務基盤の強さを示しているといえます」
  2. 「長期の積立・分散投資を前提とした資産運用の方法として、つみたてNISAの利用が考えられます。つみたてNISAを利用してX社株式を購入する場合、非課税投資枠は年間40万円となります」
  3. 「NISA口座内の上場株式を課税口座に払い出せば、その後、当該株式の譲渡損益は損益通算の対象になります。課税口座に払い出すことが有利であるか否かは、その後の価格変動や他の取引等の状況により異なります」

正解 

××

分野

科目:C.金融資産運用
細目:10.金融商品と税金

解説

  1. ×不適切。自己資本比率(%)は「自己資本÷総資本×100」で計算します。
    • X社 210,000÷710,000×100=29.577…%
    • Y社 110,000÷480,000×100=22.916…%
    記述とは逆で、自己資本比率はX社の方が高くなっています。
  2. ×不適切。つみたてNISAの対象銘柄は、基準を満たして金融庁に届けられたインデックス型またはアクティブ型の投資信託とETFに限定されており、個別株式を購入することはできません。後半の非課税投資枠が年間40万円までという記述は適切です。
  3. 〇適切。NISA口座内の損失は、他の上場株式等の譲渡益や配当との損益通算はできませんが、NISA口座内の上場株式を課税口座に払い出せば、当該株式の譲渡損益は損益通算の対象になります。