FP2級 2019年9月 実技(金財:生保)問4

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問4

はじめに、Mさんは、《設例》の<資料1>および<資料2>の生命保険の保障内容等について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「Aさんが病気やケガ等で重度の障害状態となって働けなくなった場合、通常の生活費に加え、療養費等の出費もかさみ、支出が収入を上回る可能性があります。提案を受けている就業不能サポート特約など、就業不能時に備えることができる保険に加入することは検討に値します」
  2. 「先進医療特約では、療養を受けた時点において厚生労働大臣により定められている先進医療が給付の対象となります」
  3. 「提案を受けている無配当終身介護保障保険の保険料払込期間を有期払込にすることで、毎月の保険料負担は減少し、保険料の払込総額も少なくなります。保険料負担を軽減するために有期払込を選択することをお勧めします」

正解 
×

分野

科目:B.リスク管理
細目:3.生命保険

解説

  1. 〇適切。病気やケガで働けない状態(所定の就業不能状態)が長く続いた場合、長期に渡り収入が減少してしまうリスクがあります。療養中は健康保険等からの一定の給付もありますが、医療費がかさむなどしてそれだけでは足りないことがあるため、死亡時の保障に加えて就業不能保険への加入を検討することは十分に値します。
  2. 〇適切。先進医療特約は療養を受けた時点において厚生労働大臣に承認されている先進医療が給付の対象になります。契約時点ではないので注意しましょう。
  3. ×不適切。有期払込と終身払いを比較すると、払込期間が短い分だけ有期払込の方が毎月の保険料は増加します。払込総額の多い・少ないは被保険者の生存期間によって変わるため一概には言えません。