FP2級 2020年1月 実技(FP協会:資産設計)問10

問10

建築基準法に従い、下記<資料>の甲土地に建物を建てる場合の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。

<資料>
10.gif/image-size:322×266
  • 第一種住居地域
  • 建蔽率 6/10
  • 容積率 15/10
  • 前面道路の幅員に対する法定乗数 4/10
  • 甲土地・乙土地が面する道路は建築基準法第42条第2項に該当する道路で、甲土地・乙土地はともにセットバックを要する。また、道路中心線は現況道路の中心に位置するものとする。なお、特定行政庁が指定する幅員6m指定区域ではない。
  1. 73.6㎡
  2. 105.6㎡
  3. 110.4㎡
  4. 115.2㎡

正解 3

分野

科目:E.不動産
細目:3.不動産に関する法令上の規制

解説

建築面積の限度は「敷地面積×建ぺい率」の式で求めます。本問の土地は、面する道路が幅員4m以下の2項道路なのでセットバックを要します。
セットバックにより道路中心線から2m後退した線が道路と敷地の境界とされるので、建築面積や延べ面積を計算する際の基準となる甲土地の敷地面積は、現在より横方向に「(4m-3m)÷2=0.5m」だけ小さくなり、その敷地面積は「16m×11.5m=184㎡」となります。

建築面積の限度を問う問題では、建ぺい率の緩和要件を考慮する必要がありますが、本問の対象地は防火指定も角地指定でもないので今回は関係ありません。

敷地面積が184㎡、指定建ぺい率が60%なので、建築面積の最高限度は、

 184㎡+60%=110.4㎡

したがって正解は110.4㎡です。