FP2級 2020年1月 実技(FP協会:資産設計)問18(改題)

問18

会社員の長岡さんは、妻と子ども2人の4人家族である。2020年中における長岡さんの合計所得金額が930万円、妻の合計所得金額が100万円である場合、長岡さんの2020年分の配偶者控除または配偶者特別控除の金額として、正しいものはどれか。なお、長岡さんの妻は、長岡さんと生計を一にしており、老人控除対象配偶者には該当しない。また、長岡さんと妻は内縁関係ではない。
18.gif/image-size:560×414
  1. 配偶者控除 26万円 配偶者特別控除 0円
  2. 配偶者控除 0円 配偶者特別控除 24万円
  3. 配偶者控除 0円 配偶者特別控除 21万円
  4. 配偶者控除 0円 配偶者特別控除 0円

正解 2

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

妻の合計所得金額が100万円のため、配偶者特別控除のみが適用されます。
納税者の長岡さんは、合計所得金額が930万円のため<配偶者特別控除の早見表>の「900万円超950万円以下」に該当し、妻は、合計所得金額が100万円のため「95万円超100万円以下」に該当します。したがって、適用になる配偶者特別控除の金額は行と列が重なる部分、つまり24万円になります。

したがって[2]の組合せが適切です。