FP2級 2020年9月 実技(FP協会:資産設計)問5

問5

下記は、追加型公募株式投資信託において投資家が負担する費用についてまとめた表である。下記の(ア)~(エ)の記述について、最も不適切なものはどれか。
05.gif/image-size:560×301
  1. (ア)同じ投資信託でも、販売会社ごとに手数料率が異なる場合がある
  2. (イ)運用会社(委託者)に支払われる
  3. (ウ)日々、差し引かれる
  4. (エ)受託会社

正解 2

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

  1. 適切。投資信託の購入時手数料は販売会社によって定められているため、同一の投資信託でも販売会社により手数料率が異なる場合があります。
  2. [不適切]。信託財産留保額とは、投資信託を中途解約する際、解約手数料とは別に徴収される費用で、運用会社が受け取るのではなく、他の投資家のために信託財産に留保されます。
  3. 適切。運用管理費用(信託報酬)は、投資信託を保有している間、具体的な運用を行う運用会社に対して支払う運用や管理の対価です。信託財産の中から年○%といった形で日々差し引かれます。
  4. 適切。投資家が負担する運用管理費用(信託報酬)は、運用会社、販売会社、受託会社の三者に分配されます。受託会社が受け取るのは資産の保管および管理のための費用です。
したがって不適切な記述は[2]です。