FP2級 2020年9月 実技(FP協会:資産設計)問36(改題)

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問36

公一さんは、現在加入している生命保険で十分な保障を得られるのか心配している。そこで、自分が交通事故等の不慮の事故で死亡した場合に支払われる死亡保険金と預貯金等で負債を全額返済した場合に、預貯金等がいくら残るのか、FPの宇野さんに試算してもらうことにした。この試算に関する宇野さんの次の説明の空欄(ア)に入る金額として、正しいものはどれか。なお、公一さんが保有している投資信託は含めずに計算すること。
「現時点(2020年9月1日)で公一さんが交通事故等の不慮の事故で死亡した場合、公一さんの死亡により支払われる死亡保険金と青山家(公一さんと倫子さん)が保有する預貯金等の合計額から、返済すべき債務の全額を差し引いた金額は()になります。」
  1. 430万円
  2. 780万円
  3. 2,410万円
  4. 3,210万円

正解 4

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

〔死亡保険金の額〕
[資料3:生命保険]の中から被保険者が公一さんになっているものを探して、保険金額を合計します。
  • 保険A:2,000万円
  • 保険B:200万円+2,000万円=2,200万円
  • 保険C:800万円+800万円=1,600万円
    ※800万円の災害割増特約が付加されているので、交通事故等による死亡の場合800万円が加算されます。
  • 保険E:300万円
よって、死亡保険金の合計は、
 2,000+2,200+1,600+300=6,100万円

〔預貯金等の額〕
設問には「公一さんが保有している投資信託は含めずに計算すること」という条件が付いているので、公一さんと倫子さんの預貯金等を足した「1,870万円+560万円=2,430万円」です。

〔負債の額〕
住宅ローンには団体信用生命保険が付いているので、預貯金等で返済しなくてはならないのは事業用借入の5,320万円だけです。

預貯金等の額に死亡保険金を加えて、そこから負債を返済すると残額は、

 2,430万円+6,100万円-5,320万円=3,210万円

したがって[4]が正解です。