FP2級 2020年9月 実技(金財:個人)問7

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問7

所得税における医療費控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な数値を、下記の〈数値群〉のなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

「通常の医療費控除は、その年分の総所得金額等の合計額が200万円以上である居住者の場合、その年中に支払った医療費の総額から保険金などで補填される金額を控除した金額が()円を超えるときは、その超える部分の金額(最高200万円)をその居住者のその年分の総所得金額等から控除します。また、通常の医療費控除との選択適用となるセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)では、定期健康診断や予防接種などの一定の取組みを行っている者が自己または自己と生計を一にする配偶者等のために特定一般用医薬品等購入費を支払った場合、その額が()円を超えるときは、その超える部分の金額(最高()円)を総所得金額等から控除することができます」
07.gif/image-size:543×226
  1. イ.12,000
  2. ロ.24,000
  3. ハ.38,000
  4. ニ.68,000
  5. ホ.88,000
  6. ヘ.100,000
  7. ト.120,000
  8. チ.150,000
  9. リ.200,000

正解 

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:5.所得控除

解説

〔①について〕
医療費控除の控除額は以下の式で求めます。
医療費控除は、総所得金額等の合計額が200万円以上の場合は、その年に支払った医療費から保険金などで補填される金額を差し引き、10万円を超える場合に、その超えた分が医療費控除額になります。
よって、正解は[ヘ]の100,000(円)になります。

〔②について〕
セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、納税者本人や納税者本人と生計を一にする配偶者・親族が支払った特定一般用医薬品購入費が12,000円を超える場合に、その超える金額(最高88,000円)を医療費控除として申請することができます。従来の医療費控除とは選択適用になります。控除額の算式は、「支払った特定一般用医薬品購入費-保険金等で補てんされる金額-12,000円」です。
よって、正解は[イ]の12,000(円)になります。

〔③について〕
セルフメディケーション税制に係る医療費控除の控除額は最高で88,000円です。
よって、正解は[ホ]の88,000(円)になります。