FP2級 2021年9月 実技(金財:個人)問6

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問6

Mさんは、Aさんに対して、NISAについて説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「2021年中に一般NISA勘定に受け入れることができる上場株式等の限度額(非課税枠)は年間120万円であり、その配当金や譲渡益等の非課税期間は、当該勘定が設けられた日の属する年の1月1日から最長で5年間です」
  2. 「NISA口座で購入した上場株式の配当金を非課税とするためには、配当金の受取方法として株式数比例配分方式を選択する必要があります」
  3. 「NISA口座で上場株式を購入し、長期の積立・分散投資を行う場合、つみたてNISAを利用してください」

正解 

×

分野

科目:C.金融資産運用
細目:10.金融商品と税金

解説

  1. 〇適切。一般NISAは、年間120万円以内の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が、最長5年間非課税になる制度です。
  2. 〇適切。NISAで上場株式の配当金を非課税にするためには、配当金を受け取る方法として「株式数比例配分方式」を選択する必要があります。株式数比例配分方式は、上場株式の配当金やETF、REITの分配金を証券口座で受け取る方法です。
  3. ×不適切。つみたてNISAの対象商品は、手数料が安い・分配金の支払いが頻繁ではない などの金融庁が定めた一定の水準を満たす、長期積立投資に適した公募株式投資信託(インデックス型・アクティブ型)とETF(上場株式投資信託)に限定されています。つみたてNISAでは上場株式を購入を購入することはできません。