改正情報

さん
(No.1)
基本年金額の変更(4月)
 2019年度の基本年金額は780,100円です(前年は779,300円)。
 自筆証書遺言の要件緩和(1月) 別紙として作成する財産目録についてパソコン等で作成できるようになりました(財産目録の各頁への署名押印が必要)。依然として遺言書の全文、日付及び氏名を自書して、これに押印することに変わりはありませんが、一部が自書でなくてもよくなったという変更です。 
上記2点は9月の試験に出題される可能性アリということでしょうか?

また、法人税率は115%(19%)、23.2%という数字は変更ありませんか?

長々とすみません。


2019.08.13 19:55
さん
(No.2)
例えば <教育資金の一括贈与にかかる贈与税の非課税特例>は受贈者の所得要件がなかったのが、<受贈者の前年の合計所得金額が1000万円を超える場合は、本特例の適用を受けられません。>と変更になったようなのですが、こちらはどうでしょうか?

なんだか不安になってきました…。
2019.08.13 21:22
ミルキー@管理人
(No.3)
9月試験の法令基準日は同年の4月1日時点ですので、出題の可能性があるか否かと問われれば"ある"となります。

平成31年4月時点で以下の改正があるのですが、どこまでを改正情報として提供するかの判断は悩みどころです。

・国民年金第1号被保険者の産前産後期間における国民年金保険料の免除
・森林環境税及び森林環境譲与税の創設
・教育資金/結婚資金の一括贈与の特例で所得制限(受贈者の前年合計所得金額1,000万円以下が要件となる)

なお、法人税率については前年度と同じです。

2019.08.14 16:40

返信投稿用フォーム

スパム防止のために作成日から2カ月以上経過したスレッドへの書き込みは禁止されています。